上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Moderately J-WAVE 「GROOVE LINE」生出演!! part2
2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
J-WAVE 「GROOVE LINE」生出演!! part2
2005/07/28(Thu)
さてさて、7月26日にCHEMISTRYが生出演したJ-WAVE 「GROOVE LINE」、後半部分のレポです!
後半部分、1つの記事で載せようとしたらめっちゃくちゃ長くなりまして。。。
後半は2つにわけて載せます!でも2つにわけても長いでです!(笑)それでも読んでやるよ!っていう方はどうぞ(笑)
グルーブラインレポ、後半部分その1、行ってみようー(笑)

↓↓
――『Wings of Words』――流れ終わる。

ピ:コレが新しい曲です!15枚目のシングル「Wings of Words」ですね。
ケミ:ハイ!
ピ:コレは初回限定版と通常版の2パターンがあるんですが、えー、どちらもお値段が1223
  円なんですが、何が違うんですか?
要:初回限定が、さきほど言ってました、お互いのソロ曲が。
ピ:コレを聴かないでどーする!!(笑)
秀:ねー!
要:ハイ(笑)
ピ:これが、さっき言ったのが、堂珍の「わしを市民球場に連れてって」
堂:ハイ。
ピ:広島ファンとしての自分のプライドを歌ってるんですね。
堂:そうですねー。
ピ:ブルースですね。
堂:そうですね。
ピ:もう、おっさん的な要素が(笑)
ケミ&秀:(笑)
秀:お酒飲んで応援してー(笑)

堂:でもー、歌詞を書き終わ時に、やっぱり、改めて思いましたね。その、おっさん具合が。
ピ:自分のおっさんと認知した瞬間!?
堂:そうですね。
ピ:「あっオレはケミストリーだけど、おっさんだったんだ」って事が。

堂:その瞬間でしたね。
ピ:ケミストリーというね、虚像と自分のおっさん像のギャップを今まで知ることがなかったの
  が、この曲が全部わかってくれたという。
堂:ふはは(笑)そうですね、やっぱり曲にも呼ばれて(笑)
秀:すご、すごい曲ですね(笑)
要:(笑)
ピ:素晴らしい曲だね!でっ。ずるくない?(笑)
秀:川畑さん!川畑さん、カッコいい!
ピ:カナメのずるくない?
要:ずる、ずるくないですよ(笑)
ピ:ね、今回コンセプトはさー、(要:ハイハイ)、いつものケミストリーとギャップを感じるって聞
  いたんだけど。秀島に。
秀:なんかあのー、普通の川畑さんって、「どうもどうも、スイマセン、いつもお世話になって
  ます」って言うような。(要:あー) 感じじゃないですか?
ピ:低姿勢のねー。
秀:で、この曲聞いたら、「ヨウヨウ、オレがバグジィー」みたいな感じになってて(要:ハイ)
   アラアラ、ちょっと、チョイワル?みたいな(笑)

要:そうですね、そういう一面も持ってますって言うか(笑)
ピ:実は悪いやつなの?
要:イヤ、でもこういう曲もやりたかったんでー。(ピ:うん)そういう部分で、ちょっと、違う自分
  を出したいと言うか(ピ:うん)。そういう感じで作りました(笑)
ピ:「わし」とコレだからね(笑)
要:ハハハ(笑)つながり、すごいっすよねー(笑)
ピ:コレダボとやったんででしょ?
要:そうですね。まさか僕らのシングルにダボさんの声がっていうことにみんな驚くと思うんで
  すけど(笑)
ピ:お互い別々に進めてったの?それは。内緒にして、せーのみたいな。それとも途中で色々
  と相談したりとか。
要:いや、もともとお互いのね~コンセプトは決めてあって、レコーディングとか作業に入ってからはお互い、全く別々に
ピ:うん。で、出来上がったら聞かせて。
要:そうですね~。途中経過とかね。

ピ:ど、どう思ったの?堂珍とか、コレ聞いて。
堂:まぁ。やろうとしてたことはわかってたんでー、わかってたから~。
ピ:要が一番好きなところっていうか、要のベースになってるところだからね。(堂:そうそう)予
  想できたでしょ?正直。こうーいうの好きなんだろうな~って。
堂;まぁね、ダボさんとまたやりたいとは言ってたし。(ピ:うん)そういったとこだし。でもそこだけ
  じゃなくて、やっぱり、ずっと隣にいて歌っているぶん、やっぱり、その、何ていうんです(ピ:
  うん)、パブリックな曲のイメージも(ピ:うん)、そこの要らしさも伝わってくるし。
ピ:うん、でもこの路線いけるよ。
要:あっ、本当ですか!?
ピ:うん、暴力路線いけるよ(笑)
要:ぼ、暴力路線ですか?
秀:そういうことじゃない(笑)
要:なんか、もっと良い風に受け止めてた今(笑)
全員:(大笑)

ピ:良い風に言ってんじゃーん(笑) 
要:あっ、ハイ(笑)ありがとうございますw
ピ:コレ。本当にいけるよ。それで「わし」、聞いたときどうよ?「わし」!
要:やっぱり「わし」聞いたときもー、だから僕も逆にヨシクニが好きな音楽って言うか、最近聴
  いてた音楽の要素っていうか、聞いてやっぱり、その、歌のメロディーのフレーズとか、
ピ:えっ?何、何聞いてたの?
要:だから、僕はこういうブラック系のを聞いてるのと、逆で、何だろう、もっとねー(堂:ジャック   ジョンソン)、そう、ジャックジョンソン系の(ピ:あーゆるーいの)、ゆるーい音楽とか、そうい   うサウンドが好きなのは知ってたので。(ピ:ハイハイ)なんか、もう、モロそういう、ビンゴか
  なって。

後半レポ、その2に続く。。
スポンサーサイト
この記事のURL | CHEMISTRY | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://moderately.blog24.fc2.com/tb.php/35-dbcf89d0

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。